storyあらすじ

舞台設定

とき

平安時代、江戸時代、現代が混然とした、ある春の一日

ところ

京の在原平平(ありはらのひらひら)の屋敷

登場人物

中将 在原平平(ちゅうじょう ありはらのひらひら‐アルマヴィーヴァ伯爵) 桐竹 勘十郎(人形)
北の方 橘の上(きたのかた たちばなのうえ‐伯爵夫人ロジーナ)      赤松 禎友     
随身 家路(ずいじん いえみち-フィガロ)                野村 又三郎    
女房 梅が枝(にょうぼう うめがえ‐スザンナ)              茂山 茂      
小舎人童 光丸(こどねりわらわ みつまる-ケルビーノ)          山本 善之     
樋洗童 春菜(ひすましわらわ はるな-バルバリーナ)           茂山 あきら    

演奏

太 夫      豊竹 呂太夫        
三味線      鶴澤 友之助        
管楽アンサンブル クラングアート・アンサンブル

あらすじ

在原(ありはら)家は先祖の業平が多くの女性と関係を持ったため、その報いなのか、美男とは言いがたい子孫の男たちは、妻は一人しか得られなくなり、いつしか側室は持つべからずという家訓までできてしまった。

当主の平平(ひらひら)は無類の色好みだが、彼もまた女性に手を出しては失敗し続けている。屋敷の女房の梅が枝は平平の随身である家路(いえみち)と結婚することになり、今夜はその披露がおこなわれる。しかし家来のものは主人のものと、平平は宴のどさくさにまぎれてつかの間の 瀬を持とうと、性懲りもなく彼女を口説いている。

小舎人童(こどねりわらわ)の光丸(みつまる)は、 洗童(ひすましわらわ)の春菜(はるな)と恋仲であるにもかかわらず、平平の北の方の橘の上(たちばなのうえ)に憧れ、梅が枝にも馴れ親しんでいる。平平は若く美しい光丸に嫉妬して、仕事中に春菜と密会していたことを口実に大宰府に左遷しようと考える。

北の方と梅が枝は一計を案じて、そんな平平を懲らしめることにして、「庭の松の木の下で逢いましょう」という梅が枝からの偽りの恋文を送る。

やがて宴も半ばとなり、人々はそれぞれ庭に出て・・・。

業平の子孫を鼻にかけつつ和歌が苦手な平平、お香を趣味とする美しい北の方、目端が利きながらもどこかとぼけた家路、賢明で愛敬のある梅が枝、恋に恋する光るような美貌の光丸、他人の事をあまり気にしない現代っ子の春菜などさまざまな人間像を描きつつ、狂おしい一日をよき日として終わらせるものは、そして人間にとってもっとも大事なことは何なのかを訴える。

魔笛公演より ©K.OGINO

狂言風オペラ関連企画「親子体験教室(参加費無料)」の詳細はこちら

Le Nozze di Figaro